医師募集情報サイト

青洲医師ネット

和歌山県福祉保健部健康局医務課

 

 Q. どのような大学へ進学したらいいの?

A.医科大学や大学の医学部など、医学を履修する課程に進学することが必要です。
  通常の大学は4年制ですが、医学課程は6年制です。

 Q. 大学では何を学ぶの?

A.通常、1〜2年次に一般的な教養科目や医学の基礎を学んだ後、2〜6年次にか
  けて医学についての本格的な専門教育を受けます。4〜5年次からは臨床実習が始
  まり、大学の附属病院を中心に実際の医療の現場で知識や技術を学びます。
   大学ごとにそれぞれ特色あるカリキュラムを組んでおり、1年次から短期の病院体
  験実習を行う大学もたくさんあります。
  実際に大学に問い合わせて資料を請求したり、大学のホームページなどで確認して
  みましょう。

 Q. 医師国家試験はいつ受けるの?

A.受験資格として、一般的に「医学の正規の課程を修めて卒業した者」と定められて
  いますが、卒業見込みの場合でも受験することが可能ですので、通常は大学6年次
  に受験します。
   医師国家試験は毎年2月頃に行われ、3月下旬に合格発表があります。残念なが
  ら不合格となった場合は、合格するまで何度でも再受験できますが、医師国家試験
  は通常年1回の実施のため、再受験は翌年になります。また、医師国家試験を受験
  したものの大学を卒業できない場合、その受験は無効になります。
  (参考URL:厚生労働省医師国家試験情報ページ

 Q. 大学卒業後の進路は?

A.大学卒業後、医師免許を取得して臨床研修に進むほか、大学院へ進学して研究
  職を目指すことも可能です。
   臨床研修の修了後は、病院等に勤務したり、自分の専門としたい分野の「専門医」
  資格の取得を目指して後期研修に進むほか、医学の専門知識を生かして企業や官
  庁等へ就職するなど、様々な活躍が期待できます。
   また、医師として勤務しながら大学院等で研究を続ける人もたくさんいます。

 Q. 臨床研修とは?

A.医師に関する法律である『医師法』の改正により、平成16年から必修化(義務化)
  されました。病院等で医師として実際に患者さんの診療を行おうとする場合は、医師
  免許の取得後に、必ず最低2年間の臨床研修を受けなければなりません。
   臨床研修中は、指導医の監督のもとで「研修医」として実際に患者さんの診療にあ
  たり、給与が支払われます。
   臨床研修は、国家試験合格後何年以内に受けなければならないという決まりはな
  いので、診療に従事しようとする前であれば、いつでも臨床研修を受けることができ
  ます。
  (参考URL:厚生労働省の医師臨床研修情報のページ

 Q.臨床研修先はどこになるの?

A.研修先の病院は、出身大学の附属病院に限らず、他の大学病院や、国の指定を
  受けた一般病院(以後、これらの大学病院及び一般病院を「臨床研修病院等」としま
  す。)でも受けることが可能です。各臨床研修病院等では、それぞれ特色ある研修プ
  ログラムを用意しています。
   研修先となる病院は、通常「マッチング」という方式で決定し、毎年6月頃から参加
  登録が始まります。参加者は参加登録後、マッチング方式で研修医を募集している
  臨床研修病院等の採用試験を受けます。参加者はいくつでも採用試験を受けること
  ができます。8月下旬から希望順位の登録が始まると、参加者は自分が採用試験を
  受けた各病院に、研修を希望する順に順位を付けて登録します。一方、各臨床研修
  病院等も、採用試験を受けた参加者について採用したい順に順位を付けて登録しま
  す。希望順位登録締切後、コンピューターで参加者と病院の組み合わせを行い、10
  月中旬に研修先が決定します。参加者と病院の希望がうまく合えば第1希望の病院
  に決定することもありますが、双方の希望がうまく合わなかった場合には、希望順位
  の低い病院に決定することもあります。研修先が決定しても、医師国家試験に不合
  格となれば、当然臨床研修を開始することはできません。
  (参考URL:医師臨床研修マッチング協議会のホームページ

   また、自治医科大学および防衛医科大学校の医学生や、自治体から条件付きで
  修学資金の貸与を受けている医学生など、あらかじめ臨床研修先を限定されている
  一部の医学生は、それぞれ定められた臨床研修病院等で臨床研修を受けることに
  なります。


和歌山県福祉保健部健康局医務課 
 和歌山市小松原通1−1    TEL 073-441-2610